読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代初老のゲーム論

年をとったってゲームは出来る。と思う。

40代から始めるFPS。その1COD:AW

若い頃からゲームセンターに通い、自宅に戻ればゲームを朝まで。そんな20代を過ごしてきた私も40歳越えwふとしたことをきっかけにFPSゲームをやることになりました。第1回目は何故40も過ぎてFPSをやろうと思ったのかをご紹介させて頂きます。

 

きっかけは引っ越し

先月の事、友人から引っ越しをするので手伝ってほしいと連絡があり、うちの奥様がちょうど仕事で一人では暇だったため、もちろんという事でお手伝いにお邪魔したわけです。その友人も子供がいない家庭の為、荷物も少なくあっという間に作業は完了しました。日当のお食事を頂いていると、数々のゲームが入った段ボールに目が行きました。中にはスーファミのソフトから、PS4のソフトまで乱雑に押し込めてあり、ゲームソフトで盛り上がっておりました。

友人が好きなゲームにはアクション、RPGが多く私と同じようなゲーム好きという事でそれは話しが盛り上げるわけです。ところがPS3のソフトの一つに見なれいパッケージが。それがCOD:AW。FPSゲームだったわけです。

友人が持っているはずのないソフトについて聞いてみた所、こちらも友人から試しどうだと貰ったものである事が判明。数時間プレイしたところで自分には向いていないと判断し積みゲーになったそう。友人曰く、

「年寄りには非常にきつい。試しにやってみろ。PS3だし人間は少ないから他のプレイヤーに迷惑をかける事もすくないだろう」

ほう。特に現在進行中のゲームもないし、今は使わなくなったPS3で久しぶりにやってみようと友人から頂いてきたという流れで始める事に相成りました。

 

もう一つのきっかけ

私はTVをあまり見なくなりました。年を取ったのでしょう、どれを見ても同じ様に感じてニュース以外見なくなりました。TVを見なくなる代わりにYOUTUBEで時間を潰す事が多くなりました。

様々なゲーム実況やら、やってみた系の動画やらを見ながら晩酌をする毎日。その中に自身とても動画更新が楽しみなチャンネルの中にFPS実況がある事に気が付く事になります。そのチャンネルは

www.youtube.com

です。超有名な方々で説明の必要すらないと思うので割愛しますwご存知の方は疑問に思うかもしれません。今となってはこのお二人はFPS実況がメインと言っても良いほどたくさんの動画があがっておりますが、私が見るきっかけになったのはホラーゲームからでした。それゆえFPSのゲームは全く興味が無かったからか、視聴すらしていませんでした。

友人から頂いた日から、お二人の、主に弟者さんのCOD実況を拝見しているうちになんだか自分でもやってみたい、楽しそうと感じる様になり、簡単に言えばFPSにハマってもいいんだという後押しを頂いた様な気がしました。

 

 

という事で

様々な出来事の連続でFPSの世界に齢40を過ぎて足を踏み入れる事になった訳です。そもそも私のFPSの認識は、マニアな方々がプレイするゲームだと考えていました。若い頃からその存在は認識していましたが、当時のFPSはPCが主流、PSなどでも見かける事はありましたが、手を出す事はおろか、気にも留めない存在でした。

PCでゲームをするという事が私自身非常にハードルが高く、ましてやキーボードとマウスで操作するなんて想像もできない世界。いわゆるオタクな分野と避けていたのかもしれません。

FPSの世界についてあまりにも情弱なのですが、本気でプレイされている方々はPCという方がほとんどであると認識しています。例えがあっているかどうか上手く表現できませんが、兄者弟者さんの動画で、ディヴィジョンの動画は当初PS4でプレイされていましたが、最近はPC版で実況されています。という事は彼らの様な本気のプレイヤーはPCをプラットフォームに選択するのが普通であるのでしょう。

話しがそれますが、そもそもPCは作業する為に購入している人間ですので、ゲームを目的に購入したことはありませんし、当面その予定もありません。少し調べただけでもゲーミングPCというジャンルは沢山ある事に驚きました。

こういった40代では想像しなかったゲームのプレイスタイルにも私からFPSを遠ざける理由の一つであると思います。

 

長くなってしまいましたが、様々な理由からゲームを始める事になりました。多少ゲームに関しては中級者より少し上くらいの自身はある私が初めてのFPSでどう感じるのか。果たして40代から始めるゲームとしては適切なのかどうなのか、次回以降ブログを更新していきたいと思います。

 

ちなみにこのブログを書き始めて3週間ほど経過していますw下書きを書いては消し、の繰り返して本当にまとまりのないものになってしまいました。自分の文才の無さにがっかりしておりますw

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。ではまた次回に。