読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代初老のゲーム論

年をとったってゲームは出来る。と思う。

40代から始めるFPS。COD:IW 39日目。噂話とここ最近の雑感など。

現在絶賛モチベーション急降下中。そんな水曜日の朝です。皆さんおはようございます。ゲーム自体好きなのですが、上手く言えませんが上達する事へのモチベがここ最近あまり高くありません。何というか「何でもいいやw」と半ば諦めに近い感覚になっており非常によろしくない状況ですw

 

諸々の噂話と最近のIWについて

前作BO3よりもIWは販売数少ない様です。

jin115.com

本当なのかどうなのかはわかりませんが。私的に懸念されているのは毎度お話している通り新規参入のプレイヤー減少。ゲームが人を選んでしまうと上級者しかいないロビーが多くなり必死に頑張ってきた初心者から中級者がIWからいなくなる、少なくなるという悪循環になりそうで。

初心者にとって初心者とは良き対戦相手です。上級者とばかり試合しても実は上達のスピードは早くない事が多い様に思います。自分と同じくらいの技術、経験の方から実戦を通してキルされてキルして、そこから相手よりキルの数をどうやったら増やせるかを考える事が重要であると認識しています。こちらの弾は当たらない、気が付けば後ろからやられている、状況判断が非常に上手い上級者の方からは初心者が今すぐ役に立つ技術を得る事は難しいと思います。

 

クリスマスプレゼント?

kakusei-fps.com

何か貰えるみたいですね。人によって違うらしいですが、おおむねキーやサルベージ等がもらえるみたいです。12月30日まで?でしょうか。基本的に毎日やっておりますのでこちらは全部回収できそうです。

 

武器パッチが入った後の海外での反応

これは個人的に教えて頂いた事と国内のe-sportsプレイヤーの方が話していたことを私的に解釈したものです。(私がe-sportsとしてご紹介しているものは4対4のCWLを差します。5対5の大会、戦略情報などは含まれませんのでご理解ください。)

まず圧倒的に多かったのがSMG強化を望む声です。現状プロの方達でSMGを使って大会に参加しているプレイヤー全体から見れば非常に少数です。チーム内での武器重複が認められて以降、OSAとわずかにKBARといった武器分布になっている様でプレイヤーの中にはSMGを使う、または使いたい場面は確かにあるが、OSAやKBARの方が有利であるという考えがある様で結果、OSA、KBARだらけになっているみたいです。

武器パッチについては制作会社側がe-sportsプレイヤー、プロゲーマーから意見を貰い精査して修正をする様なので今後、SMG強化パッチが来るかもしれません。

それ程まで空気となったSMGはかわいそうとしか言えません。

 

技術が無いならせめて道具で優位に立ちたいと思う大人のダメな考え。

道具を変えた所で上手くなるわけではない事はこれをご覧の方はお判りでしょう。上達しないのであればせめて道具だけでもドヤ顔をしたいと最近思っていますwいくつかご紹介をさせて頂きます。

fpsjp.net

 約40,000円程するスカフ。プロが使っているから欲しいのではなく何ていうかバカみたいで私の心を擽りますwあと見た目を自分好みのカスタムできるので世界に1台のコントローラーが手に入るというのも大きな理由です。

 

www.itmedia.co.jp

実売価格20,000円程度になる予定のRAZERから出るコントローラー。これ日本での発売は未定との事ですが、正直買う方向で嫁と現在熱い折衝を繰り広げています。単純にRAZERが好きなので。ただ残念のはコーポレイトカラーともいえる緑が無いことくらい。国内発売が無いだけで海外では買える様なのでいつも使っている

www.ebay.com

こちらから購入予定ですが正確な発売日とか決まって無い様なので日本で得られる情報を待ちたいと思います。

 

 

 

こんなことを考えながらIWをプレイしていますが、昨日は本当に心を折られました。上手い方はごまんといるのに自分はいつ中級者へとなれるのか。全く道が見えてこない状況でした。BO3に帰りたい。そんな気持ちを押し殺して本日もIWの戦場へと行ってまいりたいと思います。いつも言っている愚痴ですが、本当にマップはどうにもならないのでしょうかw絶対にない事ですが、コンバインとニューク出ないかなw

 

さてつまらない内容にも拘わらず本日もお付き合い誠にありがとうございました。明日は何を書こうかいつもはなんとなくこれにしようとか、あれにしようとか思うのですが、モチベが下がっていると思いつかなくなります。せめて今日は中級者の方と対戦できる機会が多くなります様にw切に願うばかりです。

 

本日はここまで。また明日お目にかかります。最後までありがとうございました。