読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代初老のゲーム論

年をとったってゲームは出来る。と思う。

40代から始めるFPS。COD:IW 89日目。良くご覧頂く記事についてと週末の予定について。

昨日の事、DLCをどうしてもダウンロードできない私に神が降臨。その方のお陰で無事にダウンロード出来ました。ありがとうございました。皆さんからすれば当たり前な事なのでしょうがダウンロードでゲームを買った事が無い私にとっては何というか、もう少しわかりやすく表記出来ないのかなと感じてしまいました。とにもかくにも無事に新マップが追加になりましたので後日初心者目線でご紹介させて頂きたいと思います。

 

本日はアクセス解析から皆さんがどの様な事にご興味があるのかと調べてみた結果とその内容について少し私の考えをお話させて頂きます。

(本日も画像等はありませんし、洒落た内容にはならない事をご理解下さいw)

 

まず私の様な初心者のブログで最もご覧頂いている記事はいくつかあるのですが、総じて武器についての記事が非常に沢山の方にご覧頂いている様です。エピック武器についてとか、初心者がお勧めする初心者用武器とかそういった類の記事です。これは私も理解していてBO3に比べ武器の情報があまりに少なく、手に入ったエピック武器の評価を知りたいとネットを探しても得たい情報はほとんどないからであると認識しています。簡単に言えばBO3の時にあった様な攻略サイトはIWではあるにはあるものの、更新がされていない状態や、本当に欲しい情報がない。そういった事であると思います。ですので、極力エピックが当たった時にはAR、LMG、一部SMGと出来るだけご紹介させて頂きたいと思っております。もっとIWが盛り上がって様々な攻略サイトが出来て情報が得られる様になればなと思ったりしています。

 

次にご覧頂く事が多いのは感度についての記事です。これは荒れそうな感じがするのであまり触れるのはどうかとも思うのですが、一応、現状私が考える事を改めてお知らせさせて頂きます。まず感度について、最も良いと思われるのは感度MAX、今作では20でしょう。勿論扱う事が出来た場合です。そもそも感度は視点移動なので、色んな所をすばやく確認、認識出来ればこれに越したことはないと考えます。しかし、普通の人間に感度20は難しいと思います。そこで、高感度寄りの方、中感度寄りの方、低感度寄りの方と分かれていくのだと思います。結論を言ってしまえばその方が一番ストレスなくキルが獲れる感度、画面からの情報をすばやく確認できる感度という事になると思います。当然ながらそれは人それぞれ違っている訳でして誰か強制されるものではありません。ご自分が良いと思う感度が正解なんだと考えています。しかし、世の中には高感度こそ至上とか、中感度、低感度イコール初心者と考える方がネットを見ていると一定数いる様です。これは私自身違う考え方であるとはっきりと申し上げたい。とにかく自分に合っていると思う感度が正解なんです。

また、感度ついてはゲームそのものの特徴等によって流行りというか、流れというかが存在する様に思っていて、新参者の私が言うのもおこがましいのですが、昔は確かに高感度が有利で高感度を扱う事がキルを獲る為に必要な技術であった様です。現に昔からCODをやっている有名実況者などは総じて感度が高感度寄りであると思います。少しネットで調べてみると、海外のe-sportsが盛んになってきた頃からプロを中心に低感度が見直され、BO3では低感度が主流になっていき、IWでは完全に低感度の流れになってきているという事が分かりました。ツイッターや動画投稿者の方々のお話を聞くと上手い方達は低感度が多いという認識らしいです。

決して高感度が悪いという訳ではなく、現在の主流は恐らく中感度から下である事は間違いないと調べてみてわかりました。e-sportsに参加しない一般のプレイヤーとプロとでは比較対象にはならない事もわかっていますが、それでもCODで飯を食うプロが低感度を選択している以上、低感度がダメだという事にはならないと思っています。一般のプレイヤーでは野良かパーティかで違ってきますが、中感度以上の方が多い気がします。当然連携などが獲りづらい状況なので、味方に期待できない分、自分で様々な確認を必要とした結果、高感度で動く事がその理由になるのかなと。プロの場合は4人で連携し、敵を倒す事になりますので、クリアリングするところ、索敵するポイントが絞られる為、高感度を必要としないのでしょう。一般のプレイヤーで高感度を推す方達が良く言うのが後ろを取られたとき振り返って攻撃しやすいという話をよく聞きます。私的にはこれについて、プロの方達と同意見で、IWで後ろを取られたら終わりですw振り返って攻撃する事は自分の想定にはありません。

そもそも高感度と低感度のデメリット、メリットについてですが、高感度は接近戦に強いイメージがあります。これはプロ選手も動画の中で話していましたが、近距離戦では自分の感度が追い付かないと言って撃ち負けていました。敵との距離が近い場合は瞬時に対応が可能な高感度が有利です。武器でいえばSMG、SG等でしょうか。逆に中距離以上の遠距離ではエイムが合いづらい事がデメリットになるでしょう。高感度は視点移動が低感度に比べてわずかなスティック移動で動く距離が大きい為です。細かい頭出しを高感度で狙う為には練習が必要であると思います。低感度のデメリットは全く高感度とは別で近距離は苦手です。ですが、中距離以上の敵を狙う場合は低感度のスピードで細かい調整が可能になり、頭出しも狙う事が可能になります。武器でいえばARやLMG等でしょうか。どちらの選択をするかはその方の自由ですし、高感度でも遠距離が得意な方もおられるでしょうし、低感度でも近距離戦に苦労しない方もおられるでしょう。結局は何度も申し上げているとおり、自分に合った感度が一番という事になります。

そこで初心者である私が選択した感度は低感度で現在は縦4、水平3を練習しています。何故、効率厨である私が低感度を選択したか、理由は簡単で高感度が有利な武器を使わない、後ろを取られる様な立ち回りをしない様に心がける、要するに立ち回りの強化で自分に有利な場所、位置を探して戦う事を念頭に置く。という事になるでしょうか。今作ではBO3に比べて近距離で戦う事が自分的はあまりありません。どちらかと言えば中距離戦が多いです。武器でいうとARの距離で戦う事が多いです。そうなると別に高感度である必要が無いのです。TDMなどにおいては自分は思い切り前線に出ていくタイプではなくリスを安定させたいと思うタイプなので、不用意に敵陣に切り込んでいく事はしないし、DOMにおいても旗に入る味方を援護するタイプの立ち回りをするので中距離をしっかりと狙える低感度が自分的に安定します。また、低感度にはもう一つメリットがあって、エイムアシストの恩恵を受けやすい事も低感度を選択している理由の一つです。これは以前説明させて頂きましたので割愛しますが。さらに言えば、現状上手い方達は殆どが低感度なのでそれにも影響されていますwww

 

そんな低感度を選択し練習をしている訳ですが、低感度の練習とは?とお思いの方もおられると思いますので、低感度上手く扱う私なりの練習をご紹介します。まず低感度のエイムは高感度とは違っていて、高感度は視点移動が速いのでADS状態から即座にエイム出来るメリットがあります。しかしそれと同じ様な事を低感度でやるとエイムまでに時間がかかります。その為、低感度ではクロスヘアの認識が重要になります。FPSにおいて基本なのですが、低感度のエイムはとにかく敵をクロスヘアの中心に置く事を強く意識します。敵を発見した時に大きくずれてエイム状態に入るのではなく、可能な限りクロスヘアの中心に置いた状態でエイムから攻撃する様に練習をします。クロスヘアの中心付近からエイムした時、微調整が可能な低感度は非常に有利にエイムする事が可能です。言い方は良くないかもしれませんが、高感度はエイムをぶん回す事が出来ますが、低感度はより正確な動きが要求されるかもしれません。その低感度になれる練習ですが、BOTで腰だめ縛りで練習します。武器は何でもいいです。腰だめはクロスヘアの中心に敵を持ってこないと当たらないのでクロスヘアに中心を意識するには持って来いだと思いっていてランクマに行く前は短くても練習する様にしています。低感度を始めてからBOT撃ちはほぼ全て腰だめ縛りしかやっていません。腰だめ縛りにはもう少し自分的に意味があって、SRを使う練習にもなるかなと思って練習しています。クイックショット何てできませんし、SRを使う予定もないのですがwとにかく、闇雲に撃つのではなく、低感度ならではの正確なエイムを実現する為に、エイムする前の練習をしている感覚でしょうか。それとBOTなしでエイムの切り直しの練習もします。低感度では視点移動が遅いので武器を覗き込んだ状態で左端から右端までを見ると時間がかかります。その為、エイムを一瞬切って素早く左右に動き、自分の決めた場所を見るという練習もします。敵がいない非常に地味な練習なので私も長時間は出来ませんが、画面の左端のポジションから右端のポジションへとエイムを切ってクロスヘア中心に敵を収めるという場合この練習が結構役に立ちます。高感度では何とかなる場面も、低感度では何とかならない事が結構あるので、低感度を上手く使おうとすると、もしかしたら高感度より難しいかもしれません。

 

で、低感度にしてからの自分の戦績の変化ですが、IWスタート時は感度8からスタートしました。その頃はキルレ0.5から0.6程度でした。その時感じていたのはBO3に比べてアシストが弱いなとか、上手く中距離でエイムが合わないなと感じていました。時間が経過し慣れていけば何とかなるのかなと。しかし一向にBOTで練習しようが、何をしようが改善される事はなく、IWイラネという状態になってました。感度をいじるという選択肢が自分の中にはなかったからです。いつまでたっても改善しない自分の技術の無さに嫌気が差して来た頃、感度を見直してみるかとふと考え、まず最初は高感度にしてみました。当時10から12程度だったと思います。高感度にしてみて一番最初に思った事は若かったら高感度だなとw40代では高感度の恩恵を最大限受けれないと即座に判断しましたw高速で動く画面から得られる情報が、若い年代と私の様な年代とではおそらく違うと思ったからです。もちろん、私と同年代で高感度で非常に良い成績を出している方も何人もおられるのであくまで私個人の主観です。その高感度から徐々に1段階づつ感度を下げていきました。当初体感できる変化はなく、FPS自体自分に合っていないかもと半ば諦めかけた時、それは起こりました。下げ続けていって感度5での出来事なのですが、今まで撃ち負けていた距離で勝つ事が多くなり、数試合だけ見ればキルレは1を超える事も多くなってきました。そこから低感度が自分には合っているかもしれないと感度5でランクマに行く様に。すると、0.5程度だったキルレが0.7まで上昇します。この時は単純に中距離戦でのエイムがやりやすくなったと感じていました。すると今度は0.7から上がらなくなってきます。それも当然で、中感度、高感度のエイムをしていたからです。そこで先程お知らせした様なクロスヘアの中心に敵を収める練習をとにかく頑張りました。そのお陰で現在は0.85まで上がってきました。そして最新の感度は水平3の縦4です。しかし流石に水平3は難しいです。最も安定するのはどちらも4なのですが、中距離をさらに安定させたくて水平3を練習しています。目下の課題はジャンプ状態でのクロスヘアの意識です。ジャンプ状態は非常に有効である事は皆さんご存知の通りですが、その状態で左右に体を動かしながらクロスヘアの中心に敵を収める事は初心者には非常に難関な技術です。しかし習得すればまた一つ上達出来そうな気がして無理にでもやる様にしています。

 

感度において間違っている事は低感度の方に高感度が良いと言ってみたり、その逆で高感度の方に低感度を勧めたりすることは間違っていると思います。その方がやっている感度で練習によってまだ伸びしろがあると感じている内はその感度で練習した方が戦績が出せると思います。無理な押し付けは良い事がありません。

 

感度の合わせ方については非常に簡単で、現在苦労している感度から上げるか、落とすかでしかありません。高感度で思う様にキルが獲れないと感じる方は1段階ずつ落としていけばいいし低感度をやってみたもののしっくりこない方や、デフォルト感度に違和感を感じているなら1段階ずつ上げていけばいいだけの事で、面倒な考え方は必要ないと思います。少し苦労を感じている方がいらっしゃったら感度の再調整もいいかもしれません。

 

感度についてはとにかく自分がやりやすい感度が大切で高感度が至高であるとか、流行っているから低感度とかではないと思います。自分に合った感度探す事も結構楽しかったりしますので悩んでおられる方は是非感度の再調整をお勧めいたします。

 

 

最後に、週末にフレンドの方とご一緒するという企画についてですが、よく考えると私の様な初心者が人を集めるなんてよく考えれば失礼な話ですよねwという事で、現在フレンドになってくださった方へ私がお邪魔する事にしました。まとめていきましょうとかではなく、数試合ごとにフレンドの皆さんへメッセージを発信した上でご一緒させて頂ければと思います。一応VCで行きますが、メッセージを送った際にVCの有無をお知らせください。1人当たり数試合、時間にして1時間を切る程度ご一緒させて頂きたいと思っておりますのでよろしくお願い致します。

あと、私の名前についてこのブログで一度も触れた事がなかったのでw一応お知らせしておきます。DR.TRUBO69という名前でやっております。これは好きだったアメリカのインディーズバンドの曲名とそれを作ったDJから頂いていて色んなゲームで使っています。わかりやすくターボと呼んで頂ければと思います。

ご一緒してみてまた次もと思う方はご遠慮なく、こいつとはもういいやと思う方もそれでよし。現在フレンドになって下さっている方へご連絡しますので時間が合えばよろしくお願い致します。

 

本日も長くなってしまいました。本当はもう少し詳細にしたかったのですが、流石に仕事をしないとまずいのでwこれにて失礼致します。また、このブログは土曜日、日曜祝日は更新がありませんのでご了承ください。また、来週お目にかかりたいと思います。それでは失礼致します。