読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代初老のゲーム論

年をとったってゲームは出来る。と思う。

40代から始めるFPS。COD:IW 136日目。初心者の日常。上がらないモチベとキルレ

ここ最近の私の心境にある変化が起こりました。結論から言えば上達する事を諦めたというか、IWに関してはもういいかなと。だからと言って重ね重ねお話申し上げている通り、辞める訳でもありませんし、このブログも辞めませんがw。

野良で戦う事が多いのですが、というか、自分の中では野良でこそある一定程度の戦果を得たいという気持ちがあり、恐れ多いですが、勝敗に関係する位まで上手くなりたいとずっと考えてきました。その自分なりの回答がキルレ1への到達であったわけです。TDMにおいての勝敗に関係するにはあまりに低いキルレですが、まずはそこを狙って日々初心者なりに考え時に愚痴をこぼしながら考察を重ね試行錯誤をしてきましたw

 

何故そんな事を今更と思うかもしれませんが、取りあえず画像をご覧ください。

f:id:dr-turbo69:20170322080024j:plain

お分かりですか?この安定しないキルレ。ちなみに公平を期すために5試合全てロビーを変えております。

1試合目0.3点台、2試合目2点台、3試合目0.4点台、4試合目1点台、5試合目0.3点台

ご覧の通り全く安定しません。あくまで数値だけを見た場合です。当然ながらマップにも影響はされるでしょうが、私は得意マップ等ありませんので影響は少ないかもと考えています。また、使用武器については全戦RAW。

 

私のブログでは初心者なりの目線でここから考察に入り、初心者として初心者の皆さんに私が思う事を共有してきましたが、今回は少し違いますwその理由は

こうなる原因は自分以外にあると思う。

私が昨日だけを切り取ってみた場合の結論です。その理由をお話します。

 

ご覧頂いた通り、綺麗にジグザグなグラフになった主な原因は自分以外にあるとお話しましたが、要するに敵に強い方がいれば負けて、同程度の方達とのマッチングでは今までより戦えている、と感じました。非常に簡単な事ですねw

しかしここで大切なのは同程度の方達とのマッチングでは今までに比べ大きく負け越す事がなくなりました。自分の評価は自分では出来ませんので何とも言えませんが、ロビーでキルレが私と同じ0.9から0.8位の方とご一緒する時、結構な確率でキルレ1に到達する様になりました。以前の私は体感のお話しで恐縮ですが、同程度であるだろう腕前の方との試合は勝ったり負けたり良い意味で同程度という印象の戦績でした。

ここ最近は何となく勝ち越す事が多く、自分でも少し上達してきたのかなと調子に乗ってしまう様な戦績も出せる事が多くなって実は少しモチベが上がっていましたw

 

しかし、安定しているはずの戦績も相手側に強い人間がいると一瞬で負けてしまいます。こちらとしては何か特別な事をしている訳でもないし、いつも通り、何ならより丁寧に戦っているはずなのにたった1人か2人の上級者が相手にいるだけで蹂躙されてしまいますwマッチングが悪いとかをお話しているのではありません。勝敗について、あるいは自分のキルレを目標に必死にもがいている私ですが、たった数人の上級者がいるだけでご覧の通りのグラフになってしまいます。こういった試合が続くとそっとGRWの世界へ帰りたくなりますw

 

試合の結果が自分以外にあるとお話しましたが、上級者との壁に近づけない私の技術の無さが最も悪い、足りない事である事は承知しています。しかし、その壁に近づく、また乗り越える事は私には無理であろうと昨日悟りましたw

使用武器や立ち回り等を初心者なりに工夫してきたつもりですが、上手い方には通用しません。その壁を何とかする為の最も大切で必要だと思う資質が私にはありません。

 

それは若さですw

 

何度も書いてきましたが、反射神経は反応速度は加齢によって衰えます。医学的にも立証されている訳ですからこれについては反論のしようもないです。ただし、年齢を重ねても経験や訓練によってある一定程度までは若い方達に追いつけるでしょうが、それも限界があるはずです。いやそんな事はないという方もおられると思いますが、40代のFPSプロゲーマーがいない事が良い証明になるのではないでしょうか。蛇足ですが、何かの動画で見ましたが、韓国では25歳くらいでプロとしては活躍できなくなると見た事があります。

同年代の方の動画も拝見する事が多いですが、私より格段に上手く、とても同年代と思えない戦績の方達が沢山おられます。素直に尊敬しますし嫉妬に近い羨ましさを感じます。が、私が思う私がなりたい上級者の動きをしている同年代の方はおられません。決して否定している訳でもなく、むしろ私が上を見すぎなんだと分かっています。何故こんな風に思う様になったのか。それはやっぱり動画の影響が非常に大きいです。

 

普段拝見させて頂いている動画は、国内有名実況者の方、海外プロゲーマーの方等、上級者中の上級者の動画ばかり。動きや戦い方などが私の頭にはこびりついています。参考にしたいとかではなく、こんなに動けたら楽しいだろうなとか、そんな程度で見ているのですが、そうなると私の思い描く上級者の姿がプロや動画を上げているキルレで言えば3から4位の方達に固定されてしまっているのです。必然的に自分もいつかはあんな風に戦えたらと思っています。

そもそもそれが間違っているのです。出来るわけないんです。自分の技術をさておいて年齢だけのせいにはしたいくありませんが私が知る限り同年代で彼らの様に戦っている方を私は知りません。人間の機能的な問題があると私個人的に考えていて仕方のない事であるとも認識しています。

一つの基準を設けるとするならば、私が知る限り、同年代の方で核を出した事がある人に出会った事がありません。もしかしたらいるかもしれませんが、少なくとも私は知りません。挑戦していない方もいらっしゃるでしょうけれど、一つの指標としては核を出したことがあるのは良い指標であると思います。当然、談合等は認められませんがwゴーサプであれ何であれある程度の技術が無ければ25連続キルは出来ないでしょう。私が思う上級者とはそんな存在です。

勿論、年齢が若かったら出来ていたのかと言えば出来ない可能性の方が高いでしょう。ですが今よりは可能性は高いはず。そのジレンマに最近は悩まされています。

 

自分が理想とする上級者にどう足掻いても近づけない。こればかりはどうしようもありません。かといって聞こえは良くないですが、低い所で目標を設定したとしても敵に私が思う上級者がいた時点で何となく萎えてしまうのです。何とかもがいている私の頭の遥か上を一瞬で抜き去っていく方との試合はもはや私にとって参考にもなりません。感覚としてあーすごいなー(棒読み)といった感じw。

絶対に手の届かない方との対戦に最近は疲れてきました。同じ様な腕前の方との対戦では当然ながら起こりえない感情です。技術が近ければ改善のしようもありますし、負けても得るものもあります。良くキルカメを見ようと初心者の内は言われます。ですが上級者の方にやられた時のキルカメから私は何を盗めばよいのか、改善すべきなのか、正直分かりません。出会って一瞬で初弾から全弾当ててくる方から何を学べばよいのでしょうか?せいぜい私が思う事は初弾から当てる大切さ位のもんでw

 

結局の所、私が思う上級者という存在があまりに強く上手い方達であり、それを指標として練習、訓練する事に無理があって、どうしても到達出来ない目標設定に疲れてしまったというのが多分まとめになるかもしれません。

では、自分の思う様な改善が出来たと仮定した場合、どうすれば良いのか。まずは、マッチングと新規参入であると個人的には思います。これについては散々このブログにてお話してきましたので割愛します。

この改善は自分ではどうにもならないし、改善される事は無いでしょう。ではその他にIWというゲームで上達するモチベを保つ方法はないのかと考えてみましたが、私にはありませんでした。先ほどご紹介したキルレ1を超えた試合があった画像。一応1は達成していますが、自分が思うキルレ1の獲り方ではありません。極論、定点や芋によるものです。自分的には敵の動きを予測して先回り、予測の上で少し待つといった戦い方で何とか取ったキルレ1です。ですが全く納得していません。前線に出て飛び回って敵を翻弄しその上で1以上を獲りたいのです。自分が思い描く上級者、上達の先にある姿はそれなんです。繰り返しになりますが、恐らくそこへ到達する事は現実的に不可能に近いでしょう。同年代のFPS先輩方の動画からもわかる様に私より遥かに上手く、キルレも安定し、勝率も高い方達ですら、核を出している方はいませんし、キルレが3位ある方もおられません。

IWは競技性を上げすぎてしまった事が弊害としてあるのではないかとお話した事があります。そういっていながら実は私は意外と競技志向なのかもしれません。その根幹をなすものは若い頃時間の全てを捧げていた格闘ゲームにあると思います。積極的に大会へ参加したり、チームを作って代表をしていたり、全国レベルにあと少しという所にいた経験が今邪魔になっているのかもしれません。上手くなる、強くなる、その先の姿が格闘ゲームでは明確に理解できていました。それがFPSの世界で、同じ様に上手くなる、強くなった先の姿が見えているのに絶対に到達しえない世界の話であると自分で理解してしまったから、自分が思う上級者には絶対になれないと理解できてしまったから上達へのモチベが全くなくなりました。

 

私とご一緒した事がある方はよくご存じでしょうけれど、

「お前その腕まで良くそんな事が言えるな」

と思う方もおられるでしょう。全く持ってその通り。お恥ずかしい話です。ですが、私は虎視眈々とどうにかなるはず、次はこうしてみようとか、改善方法を模索してバカを言いながらも試合に臨んでいましたし、昨日までそうでした。ですが、今日からは違います。良い意味でいい加減に。自分に出来る事をやっていくだけ。チームに迷惑をかけない様に野良であっても大人しく出来る技術を出来るタイミングで大人しく試合に臨んで行こうと思います。そう考えると結構楽になりましたし、キルレも以前よりは気にならなくなりました。最も1到達までに返済すべきデス数は2500程あるので次回作が出るまでに恐らく返済できないでしょうからw

 

自分でも知らない間に目標としていたキルレ3の上級者や、核を出したことがある上級者と比較するのは止めようとwよく考えればわかる事なのですが、所詮40歳を過ぎて初めて触ったFPS、ようやくこの4月で1年を迎えるいいオジサンが狙っていい場所、数字ではなかった事に昨日気が付きました。遅くなってすみませんw

今後は真のエンジョイ勢としてしゃべくりと課金額で皆さんに楽しんで頂ける様に心がけていきたいと思いますwww

 

ここでご注意申し上げますが、先ほど同年代の方の動画や戦い方を例に挙げました。決して下手であるとか、そういう意味ではなく、あくまで私個人の見解です。何度もお話しますが、動画を上げている同年代の方は総じて上手い方が多く私も参考にさせて頂いております。比較の対象がプロとなっているので聞こえは悪く聞こえますが、何卒ご理解頂きます様お願い致します。

 

昨日まで目標にしていた方の動画を置いて本日はこれにて終了とさせて頂きます。なにぶん私にはボリビアの麻薬カルテル撲滅という大任があるのでwそれでは皆さんボリビアでお会いしましょうw

www.youtube.com

一応補足ですがかのOPTICGAMEのSCUMPER選手。この方私個人的に気持ちの悪いエイムをしていると良く表現しますw簡単に言えば非常に良いエイムなのですが、どの状態でもどんな場面でも敵に吸い付くような不思議なエイムをしていると勝手に思っていますwこんな人間を目標にしたらそら萎えるわなw