読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代初老のゲーム論

年をとったってゲームは出来る。と思う。

ブログ開設1周年:40代から始めたFPSについて

正確にはもう1年経過しておりまして。先週だったか、はてなより1周年との連絡があり、もうそんな経ったのかと思うのと同時に良く1年も続けてこれたなと自分自身感心しておりましたwそんな訳で今回は40代から始めたFPSについて、1年を経過して思う事を同じ様に同年代で始めた方、年代は違えど初心者の方と共有できればと思います。

(重ね重ね申し上げますが、原理原則や理論を経験もなしに語っている訳ではありませせん。同年代、諸先輩方が同じ様に1年目の時感じた事の様に、一個人が1年FPSを経験してみて個人的に感じた事を内容にしております。読書感想文の様に感じた事を内容にしているので個人差は当然ながらあると思います。その辺りご理解頂いた方のみ読み進めて頂ければと思います。)

過去の内容と重なる部分が多くなると思いますが、ご了承下さい。それでは参ります。

 

40代からのFPS

まず1年経過してみて思う事は非常に難しいゲームであると感じました。私は若い頃FPSを限られた人間がPCで行うゲームで、ヘッドセットを使い、全く知らない人間と専門用語を繰り出す言い方は失礼ですが、オタク専用ゲームと思っていました。その為、FPSに対しての予備知識が全くない状態でゲーム性程度しかわからず、ここ最近の動画実況者の影響で始めた訳です。当初は慣れれば何とかなるかもと感じていたのですが、1年経過した現在も本当に難しいゲームだなと思います。

ある程度経験があれば老獪なプレイや経験則から立ち回れると思いますが、いかんせん私の経験は格闘ゲーム音ゲー、レースゲー位しかなく、FPSに直接影響しないと思われるゲーム経験しかなく、本当にはじめましての世界でした。ですがこの年になって自分では慣れ親しんだゲームの世界で、本当に1からの初心者になれるというのは貴重な経験かもなと思いました。

若干ゲームというくくりでは僅かに自信がありましたので誰でも最初は初心者で、ましてPCゲームなら門戸は高そうだが、CS機では何とかなるだろうと思っていましたが、全くその考えは通用しませんでしたwとにかくFPSというゲームに慣れるまで本当に時間がかかりましたし、今でも本当の意味ではまだ慣れていないのかもしれません。

私と同じ様にゲーム実況者を通してFPSを始めたという方は恐らく沢山おられるでしょう。そんな方はどう思いましたか?私は動画で見る限り非常に楽しく皆さんプレイしておられましたので上手い下手は別にして楽しめるだろうなと思っていましたが、そんな甘い世界ではありませんでしたw正直に申し上げますが、実は私、幸か不幸か、暴言メッセージを頂いた事がまだありません。ですが、一部貰ったとかVCで直接言われたとかよく聞きます。明らかに初心者であろう立ち回りをして何かファンメール的なものを頂いてしまうという非常に怖い世界であると、動画の様な楽しんでワイワイといった印象を受けれなかった方も多いのではないでしょうか。FPSとはそんな一部怖い世界である事も1年経過してみてわかった事です。

また私の想像以上に若い方達が多いなと思いました。ゲーム性からある程度20代からのプレイ人口と考えていましたが、実際は10代の方も非常に多く若い頃特有の荒れた感じになってしまうのかなと。それはそれで私の若い頃もそんな感じだったので良し悪しとは私は感じません。それでも30代後半から40代はかなりいるのかなと思っていましたが、このブログを通じて仲良くさせて頂いた方のお話を総合するとそれ程多く存在していない様に感じます。この辺りはFPSのゲーム性が反射神経、反応速度に依存するのである程度仕方のない事かなと。ですがもっと沢山の同年代の方とご一緒出来たらなと思ったりもしていますが。

まとめになっているかわかりませんが、1年程度では始めたばかりの初心者である事に変わりがない程非常に難しく、奥の深いゲームだなと感じます。またこれはどんなゲームにも言える事であると思いますが、エンジョイ勢とガチ勢とがやっぱりあるのだなと感じました。

 

1年経過して思うFPSの難しさ

これはもう私的にはっきりとした回答があってそれは、どこから撃たれているか、どこに敵がいるかわからない。これにつきます。エイムがどうとか、ジャンプ撃ちがどうとかは後付けのテクニックでしかなく、極論、敵がどこにいるかが初心者にはわからない事。それがFPSを難しくしているほとんどの原因であると私は感じました。難しいと感じる場面でのお話ですのでご理解くださいw

私個人の考えですが、分かっている所からやられてしまう場面、また敵がいると判断して攻撃し上手く弾が当たらずやられてしまう場面。皆さんは難しいと思いますか?私はそういったお互いの位置が分かっていて真正面から撃ち合い負けてしまう場合は難しいとは思わないのです。その場面では単純に私の技術が足りなかった、ああすれば、こうすれば勝てたかもと次への良い反省材料となり、一つ技術が上がる良い敗戦、負けという認識です。

ではFPSにおいて何が難しいのか。先にもお話した通り、相手がどこから来るのか、どこにいれば先手を取れるのか、そういった立ち回りと言われる部分、また丁寧にクリアリングをしているにも拘らず敵の姿を確認する前にやられてしまう場合、さらに私的にはあり得ない態勢、状況、場所から攻撃されやられてしまう場面。総じてどこから敵が来るのかその理解が非常に難解です。相手の存在に気が付いて戦闘となってやられてしまう場合は自分にとって足りない事の理解が簡単ですが、敵の存在に気が付かない、分からない場所からの攻撃は自分にとって足りない事が何か不明瞭でその辺りが非常にFPSを難しくしているのだと1年経過して私個人は感じました。

単純な敵との交戦において負けてしまう場面は自分に足りない事の理解が簡単であるとお話しましたが、例えば単純にエイムが暴れたとか、攻撃時の位置取りが悪かったとか、使用武器の適正交戦距離ではなかったとか、私の様な初心者でも考えられる事は多岐にわたり改善の方法も素人ながら感じる事もできます。

ですが、敵の存在がわからない、自分の思う範囲以外からやられてしまう場合はせいぜいこの場所ではスナられるとか、マップの移動方法に気を付けるとかその程度しか改善方法が思いつかない訳です。何故負けてしまったのかという原因が敵の存在を認識できなかったわけですから、理由を見つけようとした時、経験不足から何が不足しているのかが明確に判断できないので。

私個人だけだと思うのですが、一般的に狭いと言われるマップ程楽で、勝った負けたは別にして試合自体は分かりやすいです。多分狭いマップ故、索敵が楽に出来て敵の存在を確認しやすく撃ち合いに持って行きやすいからであると判断しています。この狭いマップでは初心者と中級者の壁が薄くなるとも思います。単純なエイムや攻撃だけを取ってみれば初心者も中級者もそれ程実力に差があるとは思えないのです。

ですが、これが広いマップになると話は全く違って、私達初心者は広いマップで索敵する際に明らかに中級者以上と経験の差や、状況判断に上手い下手が発生して一方的にやられる事が多くなります。今ではそれ程苦手ではなくなりましたが、COD:IWのターミナルは当初本当に苦手でした。その原因は広すぎて敵がどこにいるのか、どこで待っているのかが本当に分からず、丁寧に動いていたつもりが、ゆっくりとしたただの的であった時期がありました。この辺りにいるだろうとか、リスポーンの位置の把握などが全くできていなかったからです。この判断こそ初心者と上級者の違いであると私は思っています。逆に言えば索敵能力が高まればある程度戦う事が出来る可能性が初心者にもある事になり、今後はその辺りを練習、習得できればと思っています。

 

FPSゴルフ論。

私はFPSとゴルフは似ていると思う様になりましたw勿論FPSを別の何かに例える事はゴルフ以外にも出来るのであくまで私個人の考えとご理解くださいw

まずFPSにおいて最も大切な部分は皆さんおっしゃいますが、マップの把握です。ゴルフに例えればコースという事になります。自分が戦う場所、全体像の把握が出来なければそれはもう戦う以前の問題です。ですのでまずはマップを良く頭に入れる必要があり、それはゴルフでも全く一緒であると思います。

コースの把握が出来れば次は第1打という事になります。FPSにおける第1打はどの武器で試合に臨むかという事です。ゴルフではミドルホールではドライバーを持つ事になりますが、FPSでは自分が最も得意な武器を持つ事がそれにあてはまると思っています。

1打目を撃った後は当然当たり前の様に2打目となります。ゴルフではいかにピンに寄せる為に有利な位置に2打目を撃つかという事になります。これをFPSに当てはめると1打目で武器を選択し、2打目にどの立ち位置で戦うのかの判断をします。前線に出るのか、中盤で前線を支援するのか、後方で対空やメディックとして全体を支援するのかその判断をマップを見て武器を選択し、自分の立ち位置を決める。これが2打目になるのかなと。

3打目はゴルフではアプローチ。楽にパットを決める位置にボールを寄せるかになってきます。バンカーを上手く超えたり、風を読んで着地点を決めてグリーンの位置とカップの位置を見定めて時にフォローで、バックスピンをかけてカップめがけてボールを打ちます。FPSの3打目は索敵になります。マップから武器を選択し、自分が出来る仕事を理解、判断し、3打目に索敵となる。そんな風に思っています。また、索敵し見つけた敵をどう倒すのか、攻撃するのかも含まれ、ゴルフでいうテクニックの活用、FPSにおいてはジャンプ撃ちや、良い場所で待つ、敵が来そうな所へエイムを置く、そんな印象です。また、味方の位置もミニマップから判断し、敵が来そうな所を読む、ゴルフで言えばグリーンを読んでアプローチするそんな印象です。

4打目、ゴルフではグリーンにあるボールをパターでカップに入れるという事になります。芝目を読んで、傾斜を読んで力加減をしてカップに1打でカップに収める。これが最終の目的となります。FPSにおいては1打目でマップの把握から武器を選択し、2打目に自分の立ち回りをある程度決めて、3打目に索敵、攻撃の方法を選択し、4打目にトリガーを引く。つまり4打目はエイムを定めてトリガーを引くという事になります。ゴルフの様にグリーン上ではある程度経験が無いと上手くグリーンが読めないのと同様に、初心者ではいきなりエイムがしっかり合うなんて事はそれ程度多くありません。上級者の方が良く「100時間はチュートリアル」とか「10000デスしてから初心者脱出」とかおっしゃいますが、ある程度的を得ていると思います。まずは慣れる事と、自分に合った適正な感度を調べる事もゴルフで言う芝を読む、良い道具を使う事に似ていると私個人は感じます。また、一般的にゴルフにおいて、グリーン周り特にパターの技術は練習ではある程度までしか上達しないと言われています。パターは感覚、センスの部分が非常に大きく、練習では一定程度までしか上達せず、経験や感覚がものをいう世界であると言われています。

FPSでも私は全く同様であると感じていて、エイム力はある程度誰でも一緒であると感じます。勿論加齢による衰えはあるものの、単純にエイムするだけであれば初心者、中級者とそれ程大きな差はないと思います。

何故、私達初心者とそれ以外の方達と差が出てしまうのか、エイムが悪いと感じてしまうのか、それはまさにゴルフの1打目からの差が結果として出てしまうのではと。ゴルフいう最終のパットの良し悪しに影響を及ぼしているのではと思います。マップを理解して、立ち回りを考えて、自分に出来る事を理解し、総合的に敵の動きを何となく読んで、自分が有利なポジションで敵を迎え撃つ、攻撃する。これが上級者と初心者の大きな違いなのかなと。結果であるエイムをあわせて攻撃するその準備が私達初心者に足りていないのではないかと思います。

単純に敵がいたから攻撃するだけでは技術がない私たちの様な初心者では反応速度も、反射神経も若い方達には勝てません。しっかり勝てる様な事前の準備、知識が必要になってくるのではないかと考えるようになったわけで、ゴルフに近い、どうパットまで上手く持っていくか、という思考に私はなった様なそんな気がしています。

 

また、このゴルフ論は結構自分的にしっくり来ていて、プロを目指すのか、アマチュアとして上達したいのかという部分も似ていると思います。私はFPSを始めるきっかけが有名ゲーム実況者の方からで影響を受けて始めました。当然始めた頃、上達したいとプロの動画や、ゲーム実況者の動画を拝見させて頂き、動きを真似してみたり、武器を真似したり試行錯誤をしておりました。実はこれって大きな間違いで、ゴルフを始めたばかりの人間がレッスンや、練習場を経験せず、いきなりコースデビューしてアンダーで回ろうとしている事と一緒で、出来る訳もない事を永遠と練習、影響を受けてゲームしている事と同じであると思います。言い方は悪いですが、初心者に出来る事を無視して上級者の動きをいきなりできる訳なんてありえません。基本なくして応用なし。まずはFPSの基本となる事をかっこ悪くても積み重ねた結果が上級者なのであって、いきなりそこに到達しようとしていた私は愚の骨頂であると今になれば思います。その間違いに気が付いてからは私が思うかっこ悪い立ち回り、定点や芋気味でキルを獲るという癖を身に着け、FPS全体の把握に努めた様な気がします。

ですが、ある程度慣れてくるとその行為が私的にどうにもかっこ悪く、楽しくない事がわかります。ゴルフで言えばプロなんてなれっこない、プロはプロ、アマチュアはアマチュアで出来る事を、勝てる事を進めて行けば良いという方もおられるでしょう。ですが、私は違って、やっぱりゲームである以上、自分が思うプロの様な動きで遊んでみたいと思う様になりました。その思考に辿り着く様になったきっかけははやり動画の影響が大きいと思います。上級者の動画は総じて楽しんでやっている方が多く、その中でもCODで言えばジャンプなどのテクニックを使ったり、プロ選手の様に腰だめからのエイムの上手さ、状況判断の速さ等、見ていて痛快で非常に楽しそうにプレイしておられる印象があり、また相手に対して文句的な文言が無く、見ていて不快な感じが全くしない訳です。当然、自分もあんな風に動けたらなとか、強いよりはかっこよく戦いたいと強く思う様になりました。アマチュアでまだまだ駆け出しなのですが、プロを目指して練習している頭のおかしい初老なのですw

マチュアでもいいじゃないかと思われる方も当然沢山おられると思いますが、私が拝見した上級者の中で勝負を優先する方々の動画は結構な頻度で暴言とまでは言わないまでも、結構口が悪いと思う方が多い様に思いますwこれは年代問わずですが。FPSはメンタルも重要であると上級者の方はお話します。これはまさにそうだと私も感じていますが、それが口に出てしまうのは如何なものかと思うのです。若い方に特に多い気がします。まぁ私たちの様な年代であればそんな方はおられないと思いますが。

そんな影響もあり、プロ選手に様にどうせなれっこないのですが、せめて近づく様に練習したいと思う様になったわけです。視覚で見たものの影響は非常に強いです。やっぱり。動画の影響は強いですね。逆を言えば、試合に勝つ事を目標にしている方の動画で気持ちの良い動画に出会った事が無いからかもしれません。もしかしたらそういった動画もあるのかもしれませんが、私の様な情弱では見つける事が出来ませんでした。仮に、例えば同年代や年が近い方達で、プロの様な動きは出来ずとも老獪なプレイで戦っている勝負にこだわった、それでいて楽しい雰囲気を感じれる暴言の様なものが少ない動画に出会っていたら私の考えは今と違っていたかもしれません。

ちょっと話がそれましたが、FPSとゴルフは非常に近いのではと私は思うというお話でした。ちょっと無理やりな感じがある事は何より私が感じていますw頭で考えているときはもう少し理にかなっていると思ったのですが、本当に文章にすると難しいです。

 

他では得る事の出来ないFPS独特の体験。

これは他のゲームでは得る事が出来ないFPS独特のものであると思うのですが、1年FPSを経験してみて、爽快感、敵を倒した時の何とも言えない感覚は多分FPSでしか得られない感覚であると思います。最近はR6Sをプレイしていますが、1キル出来た時の喜びと感覚は何にも代えがたい独特な高揚感と爽快感を得る事が出来ます。これはもはや中毒に近いとすら思いますw時間がある時は無意識のうちにPS4を起動してしまうそんな日常になってしまった、そんな体になってしまったのはこの何とも言えない高揚感、爽快感からであると思います。

また、以前FPSは限られたコアな人間があるゲームという認識があるとお話しましたが、ヘッドセットで話しながら行うゲームに抵抗がありましたが、これもゲーム実況者の影響なのか、自分で体験してみようと思うハードルが実況者の方の影響でそのハードルが下がりました。動画からは楽しそうな印象を受ける事が多く、自分でも勇気を出してやってみようと以前の感覚ではない、門戸の狭い限られた人間だけのものであると言いう認識はなくなり、割とすんなりFPSの世界、VCの世界に足を踏み入れる事が出来たと思います。すると私の古い認識とは大きく異なり、皆さん優しい方達ばかりで、ゲームをせずとも話をする方も増え、非常に有意義なVCありきのゲームの世界を体験する事が出来ました。

また、これもどんな趣味でも当てはまる事であると思いますが、周辺機器が非常に魅力的で収集癖のある私にとってはそれはもう魅力ある世界に写りましたwゲームをするという事で言えば多分私の年代はゲーム機を買ってテレビを買ってという認識の方も多いのではないでしょうかwですが、専用のモニターを用意するなんて私には考えられない世界でありましたw当然可能な限り情報収集をすると、良いものが欲しくなったり、限られた予算の中で最大限のものを選択するといった道具を買う、揃える喜びといったものも得る事が出来ました。

また丁度引っ越しのタイミングも重なり、PC環境もFPS寄りにしてみたり、やる予定もないのにゲーミングPC寄りに用意してみたりと道具の面でも遊ぶ事が出来て非常に面白い世界であると感じます。私が考えていた限られた人間だけが遊ぶゲームという認識は当然ながら古い考えであったし、むしろもっと早くからFPSを遊んでいればという後悔すら感じました。

そう感じると同時に、よりコアな世界をFPSにおいて体感したいと思うと、はやりCS機では物足りなく感じてしまいます。周辺機器が魅力的で、FPSの原点ともいえるPCでのFPSを体験してみたくなってしまっています。PS4がダメとかそういう事ではなく、せっかくならPCでも体験してみたいなと考える様に最近はなっていて、自分自身非常に危ない世界に旅立ってしまうと危惧していますwこれは自分の性格なのでしょうか。

例えば音楽でも邦楽を若い頃聞いていたのですが、CDの解説に影響を受けたアーティストに海外のアーティストが書いてあると、それを聞きたくなりましたし、その海外のアーティストが誰に影響を受けていたかを今度は知りたくなって、どんどんその音楽の源流を探してしまう癖が私にはありました。結構な頻度でビートルズやなんかに行きつくのですけどw

PS4等のCS機が亜流とすれば本流はPCであるというのが私の認識でそうなるといったいPCではFPSはどうなのかと興味がわいてきました。新たな感覚、発見でした。当分の間実際にやる事はないでしょうけど、いつかは一度触ってみたいなと思います。

 

これからの私にとってのFPSとは

以前、まとめサイトなどを良く拝見していて、キルレ1が最低ラインであると何となく感じていました。ひどい言い方をすればそのサイトによれば半年経過して1に到達できないのであればセンスは0。止めた方が良い的な内容もちらほらあって、何となく自分的に1には到達したいなと考えていましたし、こだわっていました。ですが、今では本当に気にならなくなりましたwむしろいかに自分が思う理想とする戦い方が出来るか、動きが出来るかが自分の目標となってきた様に思います。勿論、味方がいるモードでは自重する場面も当然ありますし、味方に迷惑をかけてまで自分の動きをゴリ押す事はしません。ある程度勝敗に関しては野良以外では気を付けています。野良の場合はFFAやGW等、他人に迷惑をかけないモードを選択したり、多人数戦のTDM以外のモードで良く遊んでいます。

自分で納得した動きで最近は1を超える様になってきました。ですが、チームでのキルレを競うTDMはやっぱり苦手ですwキルレを気にせず戦えるDOM等が私には合っている様で、定点やキャンプ気味な展開、若干の芋はどうにも私には合わない様です。それを否定するつもりは全くありません。勝つための最も有効な手段であれば何でも活用すべきですし、キレイも汚いもありません。勝負事なので。ですが、私はやっぱり勝つ事でお金が発生する訳でもないですし、所詮ゲームですし、数字はただのデータで新作が出れば消えるものであると思っていて、そこに全てをかけるよりも楽しめる方に重きを置きたいと思っています。勝つ事が楽しいと思う方も沢山いらっしゃると思いますが、それと同じです。現状、私が楽しいと思える事は和気あいあいと40代らしい大人なFPSと言えば良いのでしょうかwその中で若い方達にあらがって上達する為に最善を尽くす事、それが現状楽しいと感じています。結局身体能力でやられてしまうのですけどw

 

次の1年を過ごす予定のゲーム

これは先日もご紹介しましたが、まずバトルフロント2。これはもう確定ですwそれ以外は特に欲しいと思うゲームはPCゲームになってしまうので当面はありません。ですが、フレンドさんからお誘いを受けているDestiny2は面白いのが分かっているのでハマってしまう可能性がでかいのでちょっと迷っていますw

最近発表になったCODの新作は予約はしないし、現状ではやらないと思います。ですが、仮に買うとなっても急いで購入はしないと思います。現代戦ならともかく、ベトナム戦争時代なんですよね?であればあまり私的には刺さらないと思います。私にとってのCODはAWから入っていますのでブーストジャンプが標準装備されていて、当たり前にありました。地上戦のCOD経験がないので、どんなに面白いと言われてもまず時代背景でうーんとなってしまうし、ジャンプが無いと違和感を感じてしまうので余程強く誰かに誘われない限りやらないでしょう。同時期にバトルフロント2がありますのでw

また、先日購入したR6Sもまだまだ右も左もわからない状態ですし、今年も新オペレーターが登場する様なのでそちらも気になります。

COD:IWもブログ更新はないですが、マスタープレステージまでは頑張ろうと思っていますので1日5試合程度進めていますw

今後どんなゲームをブログで扱うかは以上をご覧頂くとお分かりかと思いますが、人気のある人口が多いCODの時代が過去になってしまったせいで、多分COD新作はブログ更新しないと思います。その代わりにまた皆さんがやらない様なFPSを相も変わらず2年目の初心者が初心者の方に向けて情報を共有できる様な内容でお送りしたいと思っています。ご興味があれば是非遊びに来てください。

 

ちなみに

これから40代でFPSを始めようとするあなたへ。

覚悟した方が良いですよwと私なら言ってしまうと思いますwあくまで今の今までFPSのご経験が無い方に限りますけど。ゲーム実況者の方の様に綺麗に動く事はそれは難しいですし、一度に行う作業が非常に多いゲームなので慣れるまで時間がかかります。そのハードルを越え、実際にプレイしてみても、同年代の方でお優しい方もいれば厳しい見方をされる方もおられ、初心者には優しい世界ばかりではありませんwですが、年代が下の方で非常に丁寧に教えてくれる方もいますし、お若い方でも礼儀礼節がしっかりした方にも出会う事もありますので、まぁ現実世界と全く一緒で色んな人がいらっしゃいます。自分に合う方合わない方はこちらから選択できるわけではありません。もしやと思ってフレンドになっても一度もご一緒するタイミングが無い方もおられますし、気に入って下さってご一緒する機会の多い方もおられます。また、ゲームする時間帯が合わない方もいらっしゃたりと人となりを確認するまでに結構時間がかかる事も多いです。私の体感では総じて優しい方が多かったので実はそんな覚悟はいらないと思いますwゲームは非常に難しいので修練を良しとするのであれば非常に楽しいゲームです。もし始めてみようとお考えの方がいらっしゃれば私で良ければお付き合い致しますので何時でもお声がけくださいw

 

 

さて、ここまで約1万字w長くなってしまいましたwまだまだ1年、これから上達していきたいと思いますが、多分劇的に上手くなる事はないだろうなと感じています。勿論年齢のせいにしたくはありませんが、ゲームに取れる時間もはやり昔ほど多くない訳で、上達するには馬鹿になって練習する事も必要であると思う人間なのである程度諦めている部分もあります。ですが、自分のペースでCOD、BF以外にも沢山FPSはありますので人気作を中心に、ブログをやっていこうと最初から思っていないのでw色んなFPSを挑戦したいと思っています。このブログで人気作を取り上げてアクセスを稼ごうとか全く考えていません。今更ですが。はてなブログに詳しい方がであれば分かりますが、マネタイズしている訳でもないので。今でも何度も何度も話をしていますが、あくまで目的はFPS初心者が同じ様に苦しんで、悩んでいる初心者に向けて自分の考えを押し付ける様なことではなく、理論を語るでもなく、ただ思った事、感じた事を私なりの言葉で共有したいという気持ちです。時には誤解される様な文言になってしまう事もありますが、思いは初心者の気持ちを話しているだけのものであるとどうかご理解ください。

これからもどんなFPSに出会うかわかりません。もしかしたら自分にぴったり合うゲームにである事でキルレが伸びる事もあるかもしれませんし、万年初心者としてキルレ1を目指しているかもしれません。また過去作に戻るかもしれませんし、何が起きるか分かりません。どこかのクランに所属をするかもしれませんし、相変わらず野良で戦っているかもしれません。フレンドさんが減るかもしれませんし、逆に増えるかもしれません。FPSを通して昔の様にゲームに熱くなっている自分が結構好きですw格闘ゲームに真剣に打ち込んでいたあの若い頃には今はなれませんが、年を重ね大人になっても何かに挑戦し、練習できる事に少し喜びも感じています。たかがゲームですが、されどゲーム。遊びには何ら変わりありません。自分の趣味としてはいささか若い趣味、難しいゲーム、FPSに手を出してしまった事を後悔する事の無いように出会った方達と楽しい時間を過ごせるように今年また1年、楽しく遊んでいきたいと思います。

 

1年間こんなブログにお付き合い本当にありがとうございます。皆さんからのコメント、フレンド依頼、叱咤激励というリアクションがあって今まで続けてこれました。これからの1年もまた来年同じ時期に総括出来る様に楽しんでFPSという魑魅魍魎が蠢く世界を40代の初心者がもがいている姿をお目にかけながら私の所見、感想を皆さんと共有できればと思っています。またこれから1年間くだらないブログにどうぞお付き合いよろしくお願い致します。

 

本日はこれにて終了。ちょっと読み返しても意図する文章になっていない事がありますが、面倒なのでこのまま上げてしまいますw伝えたい事が上手く文章化出来ない文才の無い文章ですが、ここまでお付き合いありがとうございました。また明日お目にかかりたいと思います。それではこの辺で失礼致します。お付き合いありがとうございました。