読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代初老のゲーム論

年をとったってゲームは出来る。と思う。

40代から始めるPCゲーム:PUBG 率直な感想をお話します。

私のブログをご覧の方は殆どがCODプレイヤーの方でしょうからPCゲームなんてあまり興味が無いと思いますが、触ってみた感想をご紹介させて頂きます。画像、動画等無いブログとなりますので興味がある方だけお進み頂ければと思います。

 

では参ります。

 

PUBGをやってみて。 

現在9試合程度遊んでみましたが正直に言って面白いとかつまらないを判断出来ません。具体的にはとにかく思う様に動けない事が一番の原因だと思います。ゲーム性を判断しようにも自分で思う動きが全くできないので感想を言える立場にないという印象です。ですが、自分で思う様に動けると仮定するなら私は好きな部類かもしれません。

ゲーム性についてはこれをご覧の方はご存知でしょうけれど、裸一貫で放り出され、武器を拾い、装備を拾って100人の中から最後の1人になる。そんなゲームです。楽しい、良いなと思う点をお話します。

〇結構運に左右される

極論、麻雀に近いと思います。要するに長期間戦うと上級者には絶対勝てませんが、1試合だけなら初心者でも勝てる事はある。そんな意味です。自分がここと決めて飛行機から飛び降りた先で拾う武器が全くない事もありますし、いきなりARを拾える事もあります。どこに何があるかわからないシステムなので上級者の方でもハンドガンしかないとか、結構あります。まぁ上級者の方はハンドガンでもキルするんですけど、今は一旦おいておきます。装備に関しても、回復アイテムについても結構運に左右されます。序盤でのアイテム漁りについては技術は関係なく運が左右する所は平等な感じがして好きです。

〇安全地帯が動き、空爆がある。

指定された範囲の中でないとダメージを喰らう様になっていて、プレイヤーの中では安全地帯→安地と言われていますが、その範囲の中で戦う事になります。人数が減って来れば当然安全地帯は狭くなります。ずっと1点で芋る事は不可能なシステムになっていて、必ず一度は動かなければならないという点もいいなと思います。また、適度に空爆があり何となく外の茂みで芋っていても強制的に動かざるを得ない状況になっています。

〇殺伐としていない雰囲気がある。

何というかCOD等で感じる「勝利最優先勢」や「キルレ重視勢」と言えば分かりやすいのでしょうか。そんな方は私が知る限りあまりいません。死体撃ちもやろうと思えばできると思いますが、相手の物資を奪う時間も限りがありますし、無駄な発砲は自分の位置を周りに知らせる意味のない行動なので死体撃ちは殆どないと言って良いでしょう。何というか平和ですw撃ち合って敵を倒すという行動が最も大切ですが、それ以外に隠れたり状況の把握やアイテム、装備回収が結構大切になるので他のゲームに比べて敵を倒す事が最重要課題ではない、生き残る為にすべき事をするという意味合いが強く基本撃ち合いがメインではない印象なので私は平和だと思うのかもしれません。

ただ車に乗って安全地帯をぐるぐると移動するだけでも2位になった方もおられるので様々な楽しみ方が出来るのだなと感じました。キル厨になっても良し、逃げ回っても良し、芋っても良し何でもありな所がいい感じであると思います。

 

 

・・・なんてことを昨日から書いておりましたが上手くまとまらない為思った事をとにかく列挙していきます。このまま進めて行くと下書きから永遠に完成しないと思ったので。では改めて思った事をつらつらと。

〇回線がきちんとしているのかわからない

室内で近距離のSGがこちらでは当たったと判断できる場面で稀に判定が無い場合があったりしていてちょっと不安になる場面があります。そうなると素人な私は回線が他の方より悪い、弱いとかPCスペックが悪いからとか経験がないので色々と不安になってしまいます。ただしゲーム自体はラグいと感じる場面は余りありません。

〇多分上級者の方は100人中30人位で後は多分中級者、初心者であると思う。

多分ですが、総合的に判断して初心者20、中級者50、上級者30位の割合だと思います。何となくですが。

〇PCゲームなので流行っているからやろうという人は多くないと思う。

ゲーム実況者界隈で非常に盛り上がっているPUBGですが、PCゲームである程度のスペックが要求されますのでやりたいと思っても推奨環境を満たさないPCの場合はゲーム出来ない事になるのでわざわざこの為にPCを買ってと言う方は少ないと思います。そうなるとPCゲームに慣れた方が多く、キーボード操作がおぼつかない私の様な初心者の方は少ないのではと思います。

〇改めてPS4はすごいCS機であると思った。

 PCでゲームをしようと思うと結構な金額がかかります。PCでは他の作業もできますので単純にゲーム専用としてみた場合PS4のコストパフォーマンスは凄いなと感じました。 

〇ゲーム性は何となく理解できて自分なりに考えた動き、戦術が出来た。

ソロで挑む場合、上級者の様な動きは出来ないですが自分なりに戦術があって、それがハマると結構な確率で10位近辺には行く事が出来る様になりました。基本ビビりの芋ですが現状はそれが精一杯かなと思います。

〇が、操作が全くおぼつかない。緊張から本当に手が震える事がある。

上手く隠れながら移動をし、ひっそりとしている事は出来ましたが、やはり最終的には敵を倒すという事があるわけです。ですが、撃ち合いになるととにかく思う様に出来ません。SGの交戦距離で焦るあまり左クリックで攻撃なのですが、右クリックを連打するという謎の行動が出ますw相手が部屋に入ってきて自分がいる部屋のドアを開ける瞬間は本当に緊張しますしドキドキしますw私の経験上、ゲームでこんなに緊張感があるゲームは多分初めてです。

〇コントローラーであれば大抵すぐに慣れる事は出来るがキーボードはムズイ。

コントローラーはファミコン時代からなじみがあり、どんなに押すボタンが増えようとも少し触れば何となく動かす事が出来ますし、抵抗はないのですが、PCでのキーボード操作は全く慣れません。過去にPCでゲームをした事が全くないので本当に一からのスタートで自由に動かす事がままなりません。目下の課題は思った様に動く事です。

〇1位になりたいとかそういう事ではなく思う様に動きたい。

正直、エイムがどうのとか今は全く考えられません。1位になりたいとかではなく、思う様に動きたいという気持ちがとても強いです。人間ですからある程度慣れる事は出来ると信じていますが、本当に難しいです。もっと早いFPSをキーボードでやっている方を本当に尊敬します。

〇芋らず敵を倒してみたい。

そうキル数は多分5。全部SGで室内で待ち構えて倒しました。ですので、遭遇して撃ち合って敵を倒した経験がありません。普通のFPSの様にエイムして射撃と言う場面に出会った事がないので、是非勝っても負けてもそういう撃ち合いを経験してみたいと思っていますが、難しいです。

〇ヘッドセットが欲しくなった。

PS4用のヘッドセットは持っていますが、PC用ではないので欲しくなりました。というか無いと不便ですw

〇賛否はあるもののゲーム自体3000円は安いと思う。

早期アクセス版としてリリースされていますが、中には早期の割に3000円は高いという方もおられる様ですが、私的PS4のソフトはソフト本体とシーズンパスセットが当たり前になってきていて、そうなると12.000円位新作を買うと必要になりますが、それから比べれば何と安い事かと思ってしまいます。

〇現状継続してやるかは微妙。

 PUBGはソロ、デュオ、クワッドと遊ぶ事ができますが、現状ソロでは頭打ちですw誰かとご一緒するという明確な自分なりの目標があるわけでもないですし、PCゲームなので気軽に誰かを誘えないのであくまでPS4のゲームを中心にたまにPUBGかなくらいに今は思っています。

 

 

 

自分的にCOD熱が少し冷めてしまっている最近ではGRWとR6Sを中心に遊んでいますが、そこにPUBGが入ってきたという事になります。私は巷で面白いとか、流行っているものは取りあえず一通り自分でもやってみる癖があります。楽しい事に対して自分で初めからやらないとか、あれは面白くないだろうという変な考えを持たない様にしているからです。一度は触ってみて自分に合えば残っていきますし、自分には合わないなと思えば多少投資があったとしても止めてしまいます。自分なりの価値観で取捨選択をしているつもりです。その観点からPUBGは今の所非常に楽しいゲームですが、このままずっと続けて行くかどうかは正直微妙です。PS4でフレンドさんと遊ぶ事の楽しさを知ってしまったので、永遠と一人でという環境がちょっと辛く感じているかもしれません。GRWについては何とか終わりそうなので、めどをつけてからは本格的にR6Sをやろうと思っていますので。合間を見て一日1試合位づつやろうかなと今は考えています。

 

これをご覧のフレンドの方でPUBGをやっている方がおられたら介護のつもりでご一緒下さいwといってもヘッドセットがないので会話が出来ませんねw早急に用意します。

 

 

さて、以上こんな変なブログに2日間もかかってしまいましたw明日からはまたPS4について更新していこうと思っています。ようやくGRWもめどが付いてきたのでその辺り進捗具合もご報告出来ればと思っています。そういえばCODは2週間くらい触っていません。感覚を取り戻す為にどれだけデスをするのでしょうかwまぁ今となってはどうでもいいことですけど。

では本日はこれにて失礼致します。ここまでお付き合いありがとうございました。またお目にかかりたいと思います。ありがとうございました。